写真(上)|©︎民族文化映像研究所

ささらプロダクションでは事務所の一角で、「土曜日の会」と名付けた会を行ってきました。毎月一回土曜日に映画を上映したり、ゲストをお招きしてお話を聞いたりしてきました。そこで出会った仲間と「谷戸の下」というCafé&Restaurantを開くことにもなりました。

ここでは「アイヌの結婚式」を上映した時の様子をお伝えします。なお、土曜日の会の最新情報や参加お申し込みは「谷戸の下」ウェブサイト「土曜日の会」をご覧ください。

作品:「アイヌの結婚式 」民族文化映像研究所/1971年完成/33分
上映日:2018.5.19 Sat.
ゲスト:伊藤碩男 氏:「アイヌの結婚式」撮影カメラマン

◉作品解説
1971年4月10日、北海道二風谷でアイヌ流の結婚式が行われた。新婦小山妙子さん、新郎貝沢三千治さん、アイヌの血を受けた人である。明治時代以降、内地日本人の進出と圧迫によりアイヌの生活文化は変容を迫られ、それは結婚式にも及んでいた。過去7、80年、アイヌ流の式は行われていないという。そのアイヌ流結婚式の実現の契機となたのは妙子さんの決意であり、それを支えたのが萱野茂さんをはじめとする二風谷に住むアイヌの人たちであった。ウウェペケレ、ユーカラなどの伝承、古老たちの見聞をもとに行われた結婚式。

(民族文化映像研究所 作品総覧より抜粋)

「アイヌの結婚式」上映会レポート

  1. アイヌの結婚式が行われなかった理由
  2. 富士山はアイヌ語 !?
  3. 日本文化のふるさとを映画にした理由
  4. ウウェペケレとユカラ
  5. アイヌ勘定
  6. 「お前、邪魔だから出て行け!」とエカシに言われた。
  7. アイヌのお葬式
  8. 参加者の感想「アイヌの結婚式」を観て