土曜日の会|ゲストスピーカー

06

丸井祐二 

医学博士
聖マリアンナ医学大学
腎泌尿器外科 病院教授

前編後編
(全2回レポート)

※原稿は丸井さんのお話を小倉美恵子がまとめ、丸井さんご本人に修正、加筆などをお願いし仕上げております。

1969(S44)年8月8日 愛知県一宮市生まれ。名古屋大学医学部卒
1994 岡崎市民病院(研修医、救急、一般外科)
1999 名古屋大学小児科 医員
2000 京都大学移植外科 医員
2001 ニュージーランド肝移植ユニット兼腎移植グループ サージカルフェロー
2004 名古屋セントラル病院 救急科・移植外科 医長
2007~2015 虎の門病院分院 腎センター外科 部長代行

現在、 聖マリアンナ医科大学 腎泌尿器外科 病院教授 日本外科学会指導医、日本透析医学会指導医、救急医学会専門医、日本移植学会認定医、 日本臨床腎移植医学会認定医、日本救急医学会ICLSコースディレクター、 日本臓器保存生物医学会評議員 日本移植者スポーツ協会顧問

臓器移植の世界に入り、臓器不全という死に直面した患者さんが移植によって救われる命がある一方、「脳死」という終末期を迎えて、臓器提供される方がいると知りました。満足のいく生き方ができてこそ、誰しもが迎えなければならない終末期を受け入れることができると思います。(丸井)

終末期の一つの選択としての「移植医療」

2010年の臓器移植方の改正により、脳死後の臓器の提供が認められるようになりましたが、「脳死は臓器移植の妥当な判断方法」と考える医療従事者は、欧米では8割を超すのに対し、日本では4割に満たないといいます。

この現状の背景には、死生観や文化などの問題に加え、この終末期をケアする体制の違いが影響していると考えています。(丸井)

また、現場では、ドナーや家族の方々と医療者のコミュニケーションを支援する環境作りがとても大切であり、臓器を「モノ」として扱うことのないよう周知徹底がなされているとのことでした。

医師の心のケア

ニュージーランドでは患者さんに対する心のケアとともに、常に命と関わる医師やスタッフの心のケアも充実しているのだそうです。

ある日、心臓マッサージまでしても助けられなかった患者さんのことを嘆いていたとき、仲間に連れられていった小部屋では、幾人かのスタッフが静かに泣いていて、落ち着いたものからその部屋を出て、仕事に戻っていきました。判断はクールに下しても、心では暖かい感情を皆が持っているということを言葉を超えて実感できた体験でした。(丸井)

心に沁みる交わり

ポロシャツにジーンズといったラフな装いが印象的な丸井さん。今回は、パリッとしたワイシャツにスーツ姿で登場しました。そこには研修医時代に出会った患者さんとの心の交流と不思議なご縁の物語があったのです。

それは末期ガンの患者さんのお話です。末期の大腸ガンを患っていらっしゃったご婦人だったそうですが、死を穏やかに受け入れていらっしゃる姿に感銘を受け、心に響く関係があったようです。お亡くなりになった後、その関係を見守り続けていたご遺族が丸井さんにお礼の品を下さったそうですが、忙しくて何十年もの間中身を確かめずにいたのだそうです。引っ越しの度に大事に持ち歩いてきたそうですが、つい最近、その封を開けるとワイシャツの仕立て券が入っていたとのこと。それで仕立てたワイシャツを着てきて下さったのでした。

「これまでずっと自分を見守ってくださっていたような気がします」

と丸井さんは言っていました。

このお話をきっかけに、何カ所も病院を訪れたが、正しい診断がなされず手遅れになりかけた経験を持つ方、ガンで伴侶を亡くされた方。参加者の皆さんもそれぞれに心に秘めた思いをお話し下さいました。普段は立ち入った話をする場がないけれど、こうして同じ場に集った人々が思いを吐露することで、互いに信頼感が生まれたことを実感できました。

(文: 小倉美恵子 校閲 : 丸井祐二)

 

編集後記

「話す」は「放す」

一説に「話す」の語源は「放す」だと言いますが、生きる根源に関わる病をめぐって、人はそれまでに見たことのない深い淵を見ることになります。自分の生き方が根本から問われる場面でもあります。どんなに医療技術が進んでも、いや、技術が進めば進むほどコミュニケーションの重みは増すのではないでしょうか。

日本人は、おそらく「話す」ことも「放す」ことも苦手なのだと思います。「放せる相手」とは、そう簡単に見つからないのが現状だと思います。しかし今回、丸井さんのお話を聞いて、「放そう」と思って下さった方がたくさんいらっしゃったことを尊いことと考えます。

互いに話あうことで、重荷を「放し」、心を軽くできる。気が付けば、目の前にいる人への親しみと敬意が生まれている。そんな関係が生まれ育つ場を心掛けていきたいものです。(小倉)


kiccalo-all-events

Tamaca のおすすめ

YOU MAY ALSO LIKE

 ひとこと欄

は必須項目です。投稿は送信と同時に公開されません。内容を確認したのちに公開しています。

*

CAPTCHA