写真(上)|©︎民族文化映像研究所

作品は心を映す鏡 

2.17 Sat

14:00 ~ 16:00
 13:30【開場】

一般:¥3.000(税込)
会員・学生:¥2.000(税込)

場所:STUDIO KICCALO

奥会津の木地師
1976年制作/55分/DVD上映

民族文化映像研究所  [Facebook]

日本列島には、近年まで移動性の生活をする人々が活躍していた。山から山へ移動して椀などの木地物を作る木地師も、その中にあった。これは昭和初期まで福島県南部の山間地で盛んに移動性の活動をしていた木地師の家族の生活と技術の再現記録である。

この地域はブナを中心にした落葉広葉樹林帯である。木地師はまず木地屋敷を作る。屋根も壁も笹で葺く、掘立て造りである。家の中には、囲炉裏のある座敷とフイゴやロクロ台などを置く広い土間がある。屋敷が出来上がると山の神を祀り、フイゴまつりをする。(民族文化映像研究所 作品総覧より抜粋要約)

F1/K2

お話のポイント:

かつて日本各地にはその一生を移動し続けて暮らす「漂泊の民」がいました。その代表的な人々が「木地師(きじし)」です。木地師とは、轆轤(ろくろ)を使い、お椀やお盆、杓子やこけしなどを作る職人です。 彼らはなぜ一カ所に定住をせず、移動して暮らしてきたのでしょうか。また、彼らの移動生活を支えてきたのは何だったのでしょう。

映画は、その謎を明らかにするだけでなく、「土曜日の会」に集う私たちに根源的な問いを投げかけてくれます。

座席予約

©️民族文化映像研究所|写真提供


kiccalo-all-events

Tamaca のおすすめ商品

YOU MAY ALSO LIKE