経済的な豊かさとともに便利さを日々味わっている私たちですが、その一方で誰もが多かれ少なかれ、そうした暮らしに言いようのない不安や戸惑い、違和感を抱いているのではないでしょうか。そんな気持ちは、いったいどこから湧き上がって来るのか。ふと疑問に思うことはあっても、過ぎ行く日々の中でいつしか忘れてしまいます。

恐ろしいのは、そうした心の奥深くから届くメッセージが、気づかぬうちに諦めに置き替わること。「言っても仕方がない」「もう、どうしようもない」という気持ちが心を塞いでしまうことです。

しかし、本当はこの微かな心の震えこそが、自分の行く手を示す道標なのかもしれません。そこに踏みとどまって「答えのない問い」に向き合うことが大切なのではないでしょうか。走り続けながら考えるのでなく、時には立ち止まって周りの景色をじっくり見つめる勇気を持つことも必要でしょう。それを棚上げして一時的にやり過ごしても、私たちの次の一歩は見えてこないように思えるのです。

「答えのない問い」ですから、あるとき答えのようなものを見つけても、そこからまた、新たな問いが浮かんできます。次から次と内からあふれてくる問いに向き合い続けるのはとてもしんどいことです。しかし、その過程で、新たな仕事は生まれ、自分の本当の生き方が見えてくるのではないかと、私たちは考えます。

Kiccalo「土曜日の会」は、ゲストのお話に耳を傾けたり、映画を観たりする中で、ご自身の心に湧き起こってくるものを捉え、交し合い、表現することを試みる場です。

近ごろ「地方の再生」が叫ばれていますが、変わるべきは「都市の生活」ではないでしょうか。風土との関わりが最も薄いこの大都市の片隅から、〝稼ぎ〟と〝仕事〟の違いを見極め、〝身の丈のくらし〟から新しい仕事が創り出されてゆく場を目指していきます。それがやがて、日々の暮らしに違和感を抱きながらも次の一歩を探っている人の拠り所となれば嬉しいです。

 

Sasala Production, Inc.


kiccalo-all-events

Tamaca のおすすめ商品

YOU MAY ALSO LIKE