TOP >  ゴタ|諏訪式第2章(その3)

岩波茂雄は「ゴタだった」という。「ゴタ」とは、諏訪の言葉で「やんちゃ」あるいは「きかん坊」に近い意味があるらしい…

「茂雄さを悪く言う人はいねぇだよ。」
そう言うと、古老は墓の前で手を合わせ、風で倒されたままになっていた卒塔婆を立て直し、愛おしそうにさすった。

「セイコーエプソン、東洋バルブ、チノン…。名前知ってる会社がたくさんあるなぁ。なんでだろう…」という、極めて単純な興味から…