TOP >  【旅立ち】ふるさと常念|安曇野(最終章)

私は早速、「ふるさと常念」を発行した出版社に連絡を入れてみた。電話口で在庫も…

ウェストンを導いた猟師たち
「ふるさと常念」は人間編(1)の三つの物語から自然編、そして…

私は「ふるさと常念」の冊子を閉じた。私の部屋からもホテルの中庭はよく見えた。どこからか鳥が…

常念校長は、実在の人物、佐藤嘉市について書いた伝記風の物語である。作者は…

ウェストンが常念岳を登ったのは、この登山記によると1893年(明治26年)以降…

さて今回は「常念坊物語」について私が面白いと思った点を三つ挙げて、いろいろ想像を膨らませて…

常念坊物語
ある日、村人は白い光の玉が有明山から乗鞍岳(まゆみ岳)の中腹に…

ふるさと常念は、とても読みやすい冊子だった。100ページ余を一気に読むことができた。地域の記録に…

私はホテルのラウンジに座って窓ガラスを打ちつけている雨粒を見ていた。雨粒はいくつか重なり合うと…

午前中に野尻湖を離れ、黒姫山を回り込むように道を進みながら戸隠神社へ向かった。車窓から入ってくる風が…
12