一福ほうじ茶|桜野園

ippuku
ippuku
ippuku
ippuku
ippuku
ippuku

一福ほうじ茶|桜野園

(ippuku)
在庫数(予約注文の注意事項) 売切れ
販売価格(税込) ¥453
この商品に関するお問い合わせ

sakura-logo-bw 香ばしい「滋味」があふれます。

ippuku-tyaba

木枯らし吹く晩秋を迎えたら、香ばしくて優しい味わいの「ほうじ茶」が嬉しいですね。
実はこの「一福ほうじ茶」こそ、桜野園さんの一番人気なのです!

お茶には緑茶をはじめ、紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶、抹茶などがありますが、どれも加工の行程が異なるだけで、茶葉は同じものなのだそうです。 「ほうじ茶」は、春に緑茶として摘み取った後、10月末から11月にかけて、夏に太陽をいっぱい浴び、初冬に寒さに当たって成熟し甘味を増した秋冬番茶を摘みます。それを遠赤焙煎したものがほうじ茶になります。

sakura-logo-bw 福を招く「一服」

ippuku-label

「一福ほうじ茶」の名づけ親は、松本里実さん。桜野園代表の和也さんの奥さまです。横浜生まれの都会っ子の里実さん。遠く離れた水俣の茶農家に嫁ぎ、慣れない暮らしに戸惑うことも多かったと言いますが、今年4人目の赤ちゃんを授かり、立派なお母さんとして桜野園に、そして村に欠かせない人になっています。家族や村、そして桜野園のお茶を味わって下さる方々への思いが「一福ほうじ茶」の名に込められているのではないでしょうか。

あなたにも何かいいことがありますように!

文:小倉 美恵子

品名 一福 ほうじ茶
原材料名 緑茶
内容量 80g
賞味期限 2018.7.9 (今回入荷分)
生産者 桜野園
代表 松本和也
原料原生産地 熊本県水俣市
特徴 無農薬、無化学肥料
秋冬摘みの成熟した茶葉を遠赤焙煎。赤ちゃんからお年寄りまで、安心して飲んでいただけます。

一緒に購入されている商品

ログインページ

ログインすると、レビューを書くことができます。
会員ではない方は、新規会員登録をして頂く必要があります。
ご意見、ご感想をお待ちしております。