2017年、ささらプロダクションの小倉美恵子が川崎市文化賞を受賞致しました。ありがとうございました。

このほど、2018年3月4日(日)に受賞記念上映会として、映画「オオカミの護符」と「うつし世の静寂に」を宮前市民館大会議室にて上映する運びとなりましたので、皆様にお知らせいたします。映画の上映の他に様々なゲストをお招きしてお話を伺う予定です。入場料は無料です。座席の予約方法やそのほかの詳細は下記をご覧ください。どうぞこの機会に会場に足をお運びくださいますようお願い申し上げます。

また当日は、宮前図書館前の市民広場にて、『宮前まちかどライブラリー』が同時に開催されます。誰しも自分の本棚に「想い出深い一冊」があると思います。そうした「とっておきの一冊」を持ち寄って、本をきっかけにコミュニケーションをはかり、まちづくりに活かしていこうという試みです。

大切な本を人に売ることはできないけど、思いは共有したい。貸すこともできないけど、手に取って見てもらいたい。そうした気持ちは意地悪からではありません! それほど本と人の間に生まれるストーリーは複雑なのだと思います。

とっておきの本は、自分の分身とも言える存在。だからこそ、本を通した思いが偶然のように共有できた時には、ふわりと話の華が咲くのではないでしょうか。春の訪れより一足早い3月初旬、どのような花がいち早く広場に咲くのか、今から楽しみです。

 

上映日 2018.3.4(日) 満席御礼、申し込み終了
上映・座談会 10:30~17:00  (開場:30分前)
タイムテーブル(予定) 10:30〜12:00 「オオカミの護符(短縮版)(73分)
13:30〜14:40 「うつし世の静寂に(短縮版)(60分)
15:00〜17:00  ゲストをお招きしての座談会
スペシャルゲスト レナータ・ピアッツァ(Renata Piazza)
一般社団法人 HASEKURA PROGRAM 代表理事

イタリア・シチリア島に生まれ、ヴェネチア大学日本語学科卒業、早稲田大学政治学科客員研究員、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院卒業後に日系企業勤務を経て、スペイン外務省直轄外交機関カサアジアのプロジェクト・コーディネーターを担当する。東日本大震災の際には気仙沼でボランティアを務め、その後何度も東北に通うなかで強固なネットワークを築き、岩手県遠野市に移住されたレナータさん。東北で展開するHASEKURAプログラムは「中央」に依らず独自の信頼関係による地域同士の交流を進めている。

会場 川崎市宮前市民館大会議室
場所 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地4
鑑賞料 無料 【要予約・先着順150名まで】 ※定員になり次第、締め切り
座席予約・お問い合わせ

イベント詳細:宮前市民館ホームページ【WEB】
お申し込み:川崎市 【WEB】申し込み終了
宮前市民館  TEL: 044-888-3911

同時開催 宮前まちかどライブラリー (市民広場にて)
主催 宮前区役所生涯学習支援課(宮前市民館)、(株)ささらプロダクション、miyamaeぷらっと、花ノ停留所

Tamaca のおすすめ商品

YOU MAY ALSO LIKE

                   

2 thoughts on “川崎市文化賞記念上映会 & 宮前まちかどライブラリー

  1. ライブラリーのチラシをみました。ちらし裏面にはどんな本が集まっているかここを見てください。と案内がありこのurlが載っていました。興味があるのですが、いつ掲載されるのですか?

    1. くろばな さん

      宮前まちかどライブライリーについてのお問い合わせ、ありがとうございます。
      遅くとも週明け(26日)には、公開したいと思います。
      当日は気軽に遊びに来てください。

 ひとこと欄

は必須項目です。投稿は送信と同時に公開されません。内容を確認したのちに公開しています。

*