café時間の楽しみ

谷戸の下のcafé時間は、ゆったりした時が流れています。先日、男性のお客さんがひとりでいらっしゃいました。コーヒーやケーキを注文し、ゆっくり召し上がったあと、鞄から本を取り出し、ページをめくり始めました。

「そんな過ごし方も素敵だな」と思いました。自分だけの時間を大切にされて、その時間を谷戸の下で過ごしてくださる。働いているみんなも嬉しそうにしていたのが印象に残りました。

そういえば、ささらの事務所にもいっぱい蔵書はある。micoさんも私も本を書いたり映画を作る際にいっぱい本を読みます。そんな本も並べて谷戸の下に来てくださるみなさんに読んでもらうのもいいなと思いました。

オオカミの護符が貼ってある蔵からmicoさんと一緒に古いけど、とても趣のある箪笥を引っ張り出し(たぶん、micoさんのお母さんかおばあちゃんが使っていた箪笥)本棚として使うことにしました。単行本は入らないけど、文庫本を並べるにはちょうど良いサイズ。早速、文庫本をかき集め、棚に置きました。

ちなみに、棚の上に置いた文庫本は、私がランダムに引っ張り出した本。のぶさんが作る一枚の畑セットも2週ごとにかわるので、お勧め本も2週ごとに変えてみると面白いかも。単行本、雑誌もいっぱいあるのでこれからどんどん本棚を増やして行こうと思います。

皆さん、気軽に谷戸の下にいらっしゃいませんか。café時間はゆっくり過ごすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA