新メニュー「谷戸の行事食(仮題)」

ご好評いただいていた「谷戸伽哩(カリー)セット」が来年から「谷戸の行事食(仮)」として生まれ変わります。谷戸伽哩は、ご飯を多摩丘陵のこんもりした丘に見立て形作り、一枚の畑や地元の農家から仕入れた野菜をふんだんに使ってルーを仕上げ、言わば、足元の暮らしを大切にしたいという気持ちが生み出した料理でした。来年からは一歩踏み込んで、川崎市宮前区の地元の暮らしや昔から行われてきた伝統行事にちなんだ、いわゆる郷土料理をモチーフにしたお料理に生まれ変わります。

その準備のため、谷戸伽哩(カリー)セットの提供を10月いっぱいで終了とさせて頂きます。「谷戸の行事食」は地元の行事日に即し、その前後の週に召し上がっていただくよう考えております。谷戸の行事食を通じて四季を感じていただき、地元の行事に目を向けていただくきっかけとなれば幸いです。記念すべき最初の行事食は以下の日程で提供する予定です。

◇初午祭の御膳  2月6~8日、13~15日(予定)
毎年1月下旬から2月上旬に巡ってくる「初午」の日に、家の敷地内に坐す
お稲荷さん(豊作祈願と山の神様)をお赤飯とお揚げでお祀りする行事です。
来年の初午は2月9日にあたり、土橋神社でも「初午祭」が奉斎され、前日の
夕方にはお札やダルマのお焚き上げも行われます。
谷戸の下では、お赤飯とお吸い物を中心にお揚げをあしらったお菜を御膳で
ご用意いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA